Rss

Archives for : 1月2017

あの時分小川はコンクリートで固めてありませんでした。

ちょくちょくタッ氏のことを思い起こします。タッちゃんとは幼馴染で、小さい頃からとことん一緒に釣りに行きました。釣りといっても近くの隔りだ。私の乳幼児のところ、昭和40階層までは、いつの隔りも自然の通り、コンクリートで固めたところはありませんでした。タッ本当にわたくしはたえず狙っていました。それは鯉だ。鯉を釣り上げることはポストと言えました。二人でいつもの牛小屋の横のワラの下でシマミミズを採り、空き缶の中に入れ壌土を幾らか含める。手作りの少ない竹ざおを保ち、配列に行きました。ポイントは「たんたん落とし」と呼ばれていた界隈で、激しくて、大きな樽を埋め込んだかのように、壌土がえぐれていらっしゃる界隈でした。直径2メートルぐらいだったでしょうか。その丸っこい水面において、上流のため池からの水が呂律を立てて流れ込んでいました。浮き部下を深くして狙いました。しばらくしてタッ氏が話し掛けました。「鯉がいる!」彼氏が指差したへりを見ると、大きな尾びれが揺れていました。原っぱ鯉だ。尾びれのがたいから明確大きいと思えました。近くにえさを何度も投げてみましたがどうも釣れません。わたくしとタッ氏は強行ツボをとりました。下流から大きな石を抱えて来て、そのちっちゃな「滝つぼ」の出口に並べ、上流の水をせき止め、水をくみ出し始めました。流れ込む水は意外に多くて、こういうやり方は失敗し、あした網ですくおうに関してになりました。あしたそこに機械を持ち歩くという、その「たんたん落とし」のそばのうちの親父がわれわれに声をかけてこう言ったのです。「鯉を捕まえたぞ。大きな鯉だった。網で一括払いだった」って微笑むのです。私たちはがっかりして、肩を落として帰ったのです。こういう「たんたん落し」はすでにありません。ため池から下流まで始終コンクリートの水路になりました。水生昆虫たちも今やいなくなりました。あの「重要の息」を更に感じたいって激しく思います。公式サイトはコチラ

2016時期7月収25日光ニート備忘録

今日は朝から記述の仕事をしています。
最近非常勤の労働が忙しくその上ポスティングの労働とかも重なっていて記述の労働が僅かおろそかになっているなと思いやっとウンザリを見つけて記述の労働に手を付けていらっしゃる。
おそらく、端末が暑くなるのを防いでいるのかなと思っているのでしょうが稼がなければダメダメし空調ないホールで仕事をしている条件なので者も暑いといった効くながら仕事をしている状況でもあります。
ただし、今日は暑いですね。
出来れば空調完璧のホールで仕事をしたいのですが、空調自体が薄い住宅なのでとってもきつかったりも行なう。
当然スポーツドリンクなどで水分補充しながら仕事をしなければ人体が持ちません。
必ず、扇風機フル稼働でもあるのでフレーズは言えないのかなと思っているのですがどうなんでしょうか。
空調が嫌いな者であれば「そんなもの無くても暮らせる」と思っているのかもしれません。
ともかく、多少なりとも稼いで空調が押し付けられるようにしたいだ。(現時点念願めいた講話になっていますが。)
今日は午前中に労働を終わらせて昼過ぎは余暇にしたいなとそんなに思っています。公式サイトはコチラ

堅実症ではないがクレンジングがびいき

最初に書きますが自身は真面目症ではありません。ただし保守が大好きだ。自身が保守が好きな理由は2つあります。
一つ目は物をぐっすり消すからです。無くした物を編み出すという運営は非常にエネルギーが生じ、ヤキモキにもなります。あとなんと言っても面倒くさいです。そう、自身は面倒くさい事が大嫌いなのです。連日、使った物を元に戻すという言動を通していればなくし物をしません。落とし物をして見いだすという面倒くさく、ヤキモキがなる言動をしなくて済みます。ややこしいさとヤキモキがかからないは、非常に爽やかことです。使った物を元に戻すついでに、戻したものの周辺をコロコロで軽々しく保守すれば、尚、面白くなれます。
次は、保守が終わったあとの魅力が気持ちいいからです。掃除する辺りや売り物が汚ければ悪賢いほど燃えます。時間をかけて、隅々まで綺麗にします。終わった後の魅力を何かと映るために一所懸命掃除します。とりわけマイカーの洗車は体躯アウトラインがぴかぴかにきらめくまでやります。保守をしているとふっと良い人になったフィーリングにもなります。現に保守が終わると感動します。さんざん汚かった客間やマイカーが綺麗になった。整然としていてだいぶ気持ち良いだ。保守は結果が目に見えるからこそ良いんです。
保守が終わった魅力を感じているときの自分が金字塔大好きです。
以来が自身が真面目症ではないけれど保守が好きな原因でした。興味のある方はどうぞ