Rss

あの時分小川はコンクリートで固めてありませんでした。

ちょくちょくタッ氏のことを思い起こします。タッちゃんとは幼馴染で、小さい頃からとことん一緒に釣りに行きました。釣りといっても近くの隔りだ。私の乳幼児のところ、昭和40階層までは、いつの隔りも自然の通り、コンクリートで固めたところはありませんでした。タッ本当にわたくしはたえず狙っていました。それは鯉だ。鯉を釣り上げることはポストと言えました。二人でいつもの牛小屋の横のワラの下でシマミミズを採り、空き缶の中に入れ壌土を幾らか含める。手作りの少ない竹ざおを保ち、配列に行きました。ポイントは「たんたん落とし」と呼ばれていた界隈で、激しくて、大きな樽を埋め込んだかのように、壌土がえぐれていらっしゃる界隈でした。直径2メートルぐらいだったでしょうか。その丸っこい水面において、上流のため池からの水が呂律を立てて流れ込んでいました。浮き部下を深くして狙いました。しばらくしてタッ氏が話し掛けました。「鯉がいる!」彼氏が指差したへりを見ると、大きな尾びれが揺れていました。原っぱ鯉だ。尾びれのがたいから明確大きいと思えました。近くにえさを何度も投げてみましたがどうも釣れません。わたくしとタッ氏は強行ツボをとりました。下流から大きな石を抱えて来て、そのちっちゃな「滝つぼ」の出口に並べ、上流の水をせき止め、水をくみ出し始めました。流れ込む水は意外に多くて、こういうやり方は失敗し、あした網ですくおうに関してになりました。あしたそこに機械を持ち歩くという、その「たんたん落とし」のそばのうちの親父がわれわれに声をかけてこう言ったのです。「鯉を捕まえたぞ。大きな鯉だった。網で一括払いだった」って微笑むのです。私たちはがっかりして、肩を落として帰ったのです。こういう「たんたん落し」はすでにありません。ため池から下流まで始終コンクリートの水路になりました。水生昆虫たちも今やいなくなりました。あの「重要の息」を更に感じたいって激しく思います。公式サイトはコチラ

Comments are closed.